犬の社会化ってなに?

個体差はありますが感覚器や運動機能が発達してくる生後3週齢〜16週齢の子犬はとても柔軟です。
この時期は様々なものに慣らすのにとても適した時期です。この時期を社会化期(または感受期)と呼び、
子犬の脳組織の急速な発達時期にも一致することが分かっています。

子犬がこれから生きていくことになる人間社会で今後遭遇することになる様々な刺激(掃除機、自動車、自転車、バイク、赤ちゃんの泣き声、踏切音、花火の音など)に慣れておくと将来これらの刺激に怖がらなくて済むようになります。

社会化とトレーニングはできるだけ早くスタートするのがうまくいくコツです。ですが社会化期を過ぎても時間をかけてゆっくり楽しい経験を積み重ねることで、社会性のある犬に育てることも不可能ではありません。

 

 

社会化をしているワンちゃんは…

・どこでもいつでも恐怖心が少なくなりストレスを感じにくくなります。
・どんなワンちゃんと出会っても仲良くできるようになります。
・ペットOKカフェ・ホテル、動物病院など動物がたくさんいるところでも落ち着いていられるようになります。

社会化することを「こころのワクチン」と呼んでいます。
さぁ、あなたのワンちゃんにのこころのワクチンをプレゼントしてあげましょう!